2006年7月27日 (木)

大阪学院大学国際学論集第3巻第2号

大阪学院大学国際学論集
第3巻第2号
(1992.12.30)

論説
日露交渉(1903-1904)再考/広野 好彦
衝突点へ向う軌道:明治期における日本人のアメリカ出稼(II)/阪田 安雄
明治18年の日本人出移民再開の一考察 −ハワイ官約移民制度成立にみる人的背景について−(I)/島岡 宏
Die Internationale Patenschaft be der Genese von Chopins Musiksprache in Polen/Silvain Guignard
ベンヤミンの『一方通行路』におけるいくつかのモチーフについて(II)/吉田 正岳
教育理念の批判的探求(I)−歴史的現実と人間−/原 弘巳
Expertise or Intelligence? -The Purpose of Education-/Adrian G. Sydenham
Effects of Herbicides used in the Second Indochina War/Mary Flaherty
マルグリット・デュラスをめぐって(2)/本田 烈
L'utopie et le paradigme des Japonais/泉 敏夫

大阪学院大学国際学論集第3巻第1号

大阪学院大学国際学論集
第3巻第1号
(1992.6.30)

論説
ギリシャ神話成立に関する一考察/松本 仁助
ル・コックの東トルキスタン民俗研究/谷口 幸男
マルグリット・デュラスをめぐって(1)/本田 烈
Do Japanese Adults Memorize Words as Kanji?/Mary Flaherty
現代教育理念の探求(II) −「あるべき自己」のディルタイ的視覚−/原 弘巳
ビルと記念碑 −都市景観についての一試論−/瀬川 真平
衝突点へ向う軌道:明治期における日本人のアメリカ出稼(I)/阪田 安雄

研究ノート
1920年代の雑誌にみる「人口問題」/佐古 丞